ミスターシールはシールステッカー・カッティングシートの通信販売専門店 《ミスターシール通販》



 ★カッティングシートの貼り方

貼付ける部分をきれいにする
カッティングシートを貼る場所のホコリや汚れを柔らかい布やガーゼで落として下さい。掃除が不十分だとはがれてくるおそれがあります。車のガラスやボディ、その他いろいろな場所へ貼ることが可能です。フラットな面であれば問題ありませんが、布やクロスの上など表面に細かな凹凸がある場所への貼付けは簡単に剥がれますのでおすすめできません。

貼付ける位置を決めて固定する
掃除が終われば位置決めです。マスキングテープやセロハンテープでシートを固定します。必要であればメジャーやサシを使って正しい位置を確認します。あくまで仮止めですが、貼る際にずれるといけないのでしっかり固定しましょう。

裏の台紙をめくり右(左)部分を貼る
貼る位置を決めたら貼り込みスタートです。カッティングシートの1/3部分ほどを台紙をめくって折り曲げます。まず右(左)の部分だけを貼り、動かない様になれば残りの部分を貼り込みします。この場合はヨコ長のステッカーですが、タテ長のシートの場合は同様に上→下にと順番に分けて貼ってください。

裏の台紙をめくり左(右)部分を貼る
右(左)の部分だけを貼り、動かない様になれば残りの部分を貼り込みします。ゆっくりあわてずになるべくエアーが入らない様に丁寧に貼って下さい。この際に左写真○のようにシートを歪めて貼らないようにあらかじめ目印をつけておくと、まっすぐに貼ることができます。

アプリケーションフィルムをめくる
下の部分が貼り終われば全体をならすように押さえて下さい。そのあと透明の保護フィルムをめくれば完成です。もしエアーが入っていてもカッター等で小さい穴を開ければ抜く事ができます。ですが、小さいエアーなら日が経てば自然と抜けたりもするのであまり神経質にならなくてもOKです。

Complete!!
お疲れさまでした(^^)/
カッティングシートを貼った部分を清掃する際は、細い線の部分等こするとめくれるおそれもありますので十分注意して下さい。
 ★カッティングシートのはがし方

 カッティングシートをはがす際
 基本的に温めると剥がしやすくなるのでドライヤーを利用したり夏の暑い時期や、
 陽当たりの良い場所で作業するのがおすすめです。

 Attention!!
 ガラス面だとカッターを使用すると剥がしやすいですが、
 車のボディやキズがつきやすい場所の時は要注意!